節約するために

柳と街並み

旅行でお世話になるホテル。ジャンルも色々なら料金もピンキリ。その中で少しでも節約したいと思うのが人間ですよね。まず鉄則と言われるのはハイシーズンを避けること。土日祝日や連休はどうしても料金が高くなりがちです。それでも他に休みが取れないという場合は、ビジネスホテルを利用すると料金が格段に下がります。ビジネスホテルは平日利用するビジネスマンをターゲットにしていますから、ハイシーズンは利用客が少なく安くなることが少なくありません。宿泊にこだわりがなければ検討する価値はあります。 またリゾートホテルでも、訳ありプランというものがあります。部屋が手狭だったり低層階で眺めがよくない場合などに、他の部屋よりも安く利用できるプランです。部屋のグレードが下がるだけで他の条件は同じなので、ネットなどで探すと思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれません。

最近のホテル業界は好調と言われています。円安による国内旅行や外国人旅行者の増加、更に東京オリンピックの開催や国会でのカジノ法案の審議なども追い風になっています。東京オリンピックの開催を見据えてか、国内での外資系ホテルの開業が相次いでいます。沖縄にリッツ・カールトンとヒルトン、京都にもリッツ・カールトンなどです。また東京のホテルオークラは改装を予定しているなど、国内の老舗ホテルも負けていません。また、最近ではビジネスホテルでも差別化が図られています。料理にこだわったり、終電を逃したビジネスマンを狙って、深夜のチェックインは料金を下げるというプランを打ち出したりしています。このように景気の上昇に比例して、業界の景気も上向いています。